世界中で大ヒット「FACT FULNESS」をサクッと10分で要点解説します。

管理人NORI

どうも、NORIです。

今日は世界的ベストセラーになっているハンス・ローリングの「FACT FULNESS」を忙しい人向けに本を紹介したいと思います!

そもそもハンス・ローリングがどういう人かわからない人に、簡単に説明します!

  • スウェーデンの医師、公衆衛生学者。2017年にすい臓がんで死去。
  • 国境なき医師団、ギャップマインダー財団を立ち上げた。国際機関のアドバイザーを務める。
  • TEDなどの講演なども知られる。剣飲み達人でそのエピソードも本にでてくる。

この本は多くのメディアでも話題になりオリエンタルラジオの中田敦彦さんがYou Tubeでも取り上げ話題になってますよね。

MEMO
この記事では、さらに要点だけを整理して本の内容を紹介したいと思います。

 

忙しい人でもサクッと内容がわかりますよ!

要点①多くの人間が思い込みで世界を見ている。客観的データで世界を見よう。

作者がこの本で私たちに問いかけたことは、この1つしかないです。

FACT FULNESSが伝えたい唯一の主題は
多くの人間が思い込みで世界を認識している。

私たちは、あまりに思い込みで世界を見ている。

世界を注意深く見るために、客観的データを元に世界の現状をハンスの実体験のエピソードを添えて紹介しているのがこの本です。

“10の思い込み”

ハンスは本で世界に対する思い込みを10の項目を類別で表しています。

それが10の思い込みです。

10の思い込み

分断本能⇒✖ 世界は「先進国」と「途上国」で分断されている。

ネガティブ本能⇒✖ 世界はどんどん悪くなっている。

直線本能⇒✖ 世界の人口はどんどん増え続けている。

恐怖本能⇒✖ 自然災害やテロで亡くなる人は減っていない。

過大視本能⇒✖ これからも世界の経済は欧米中心のまま推移する。

パターン化本能⇒✖ 1歳時が何らかの病気で予防接種を受けている割合は20%ほどしかいない。

宿命本能⇒✖ 人や国の運命は文化や宗教で決まる。

単純化本能⇒✖ 民主主義で世界はよくなる。

犯人捜し本能⇒✖ 地球温暖化はインドや中国が悪い。

10焦り本能⇒✖ 世界は大変な状況だ、早急に手当てをしないと危機に瀕してしまう。

 

ハンスは、上記以外の様々な世界の問題に関する質問を世界各地で行いました。

 

注意
驚くべきことに各国の正解率はランダムに答えたチンパンジーより回答が低いという事でした。

そして上記の例に挙げた思い込みはすべて誤っているのです!

上記の”10の思い込み”は正しくは以下になります。

分断本能⇒✖ 世界は「先進国」と「途上国」で分断されている。

先進国と途上国というカテゴリーで世界を見るとまるで二極化しているような印象を受けます。

しかし、実際は所得や初等教育の修了、生活レベルでに別するよりもレベル1~4でカテゴライズする方が世界の状況をより表すことができるというのが、ハンスの説明です。

そういったモノ差しで見ると殆どの途上国はレベル2、3のカテゴリーでレベル1の最貧国は僅かしか世界にありません。

誰もいないと思っていた部分に実は大半の人がいるのです。

ネガティブ本能⇒✖ 世界はどんどん悪くなっている。

実際に世界は過去20年で絶対的貧困に陥っている人の割合はなんと半分にまで減少。

貧困は改善されています。

経済が豊かになるにつれ小児がんの生存率、携帯電話の保有割合、安全な飲料水を利用できる割合などあらゆる指標がよくなっているるのが事実です。

では、なぜネガティブに世界をとらえてしまうのか。

ハンスは良い出来事はニュースになりにくい現状があることを示唆しています。

直線本能⇒✖ 世界の人口はどんどん増え続けている。

現在、世界では15歳未満の人口が約20億人いますが、2100年も実は約20億人とそれほど変わらないという推計がでています。

当然、大人の人数は増え続けますがそれもやがて落ち着きます。

経済が発達すれば子供をたくさん産む必要がなくなり少子化になりますよね。

4恐怖本能⇒✖ 自然災害やテロで亡くなる人は減っていない。

世界が発展すれば当然、インフラ復旧が容易になるので、災害リスクは減少されますよね。

実際に自然災害が発生して死亡する人の数は着実に改善しています。

また、テロについても恐怖を煽る報道がされていますが実際にアメリカではテロより飲酒運転で亡くなる人が多いのです。

リスクは危険度×頻度です。

過大視本能⇒✖ これからも世界の経済は欧米中心のまま推移する。

今後世界のレベル4の国の多くはアジアになると想定され、西洋諸国の割合は2割ほどになると想定されています。

私たちはアジアに住んでいるので、アジアの国が経済発展をしているという実感がありますが、西洋諸国は未だにアジアは未開と思っているのも事実。

数字を比較することが大切ですよね。

パターン化本能⇒✖ 1歳時が何らかの病気で予防接種を受けている割合は20%ほどしかいない。

ここまで様々な世界の事実をお伝えすると、「世界は未だに貧しい人が大勢いてちっとも良くならない」というバイアスがおかしいと感じますよね。

このように私たちがバイアスにかかっている思考をハンスは「パターン化」と呼んでいます。

例えば、1歳時の児童が何らかの病気で予防接種を受けれない割合で多くの人が20%ほどしかいないと答えたそうです。

しかし、現実には8割もの1歳時の児童が病気で予防接種を受けています。

宿命本能⇒✖ 人や国の運命は文化や宗教で決まる。

アフリカは西洋社会に追いつけない、イスラム世界やキリスト教世界は根本的に違うと考えている人を宿命本能だと言っています。

宗教や文化は根強い価値観があるから根本的に変わらないと多くの人が考えていますよね。

ハンスは、スウェーデンを例に性による価値観が40年前とに比べて劇的に変化したことを挙げ、小さなゆっくりした変化が少しづつ起きているとしています。

確かに日本でもよく「ジェネレーションギャップ」と呼ばれるように世代で全く価値観が違うという例も多いですよね。

つまり、文化や国、宗教、人も変わらないように見えるのは気づかないだけなのです。

単純化本能⇒✖ 民主主義で世界はよくなる。

世界は複雑に構成されています。

民主主義は国家を運営する手法として優れていると思いますが実際に社会の進捗や健康改善などは民主主義でなければ恩恵を受けられないという事はありません。

例えば韓国は急激にレベル1からレベル4まで経済成長を果たしていますが、その時の政治は軍事独裁体制でした。

つまり、民主主義でなければ経済は発展しないというのはもっともよい手段とは言えないのです。

1つの切り口で世界を図ることができないです。

犯人捜し本能⇒✖ 地球温暖化はインドや中国が悪い。

気候変動が語られる際にインドや中国の二酸化炭素の排出が話題になる事がありますよね。

確かに人口が多く彼らの排出量の量は膨大です。

しかし、だからと言ってこれまでの先進国が排出をしていないとは言えませんよね。

これも、犯人探しにとらわれている証拠です。

10焦り本能⇒✖ 世界は大変な状況だ、早急に手当てをしないと危機に瀕してしまう。

ハンスは焦りは愚かな判断につながると警告しています。

焦りの例として、地球温暖化を挙げています。

地球温暖化は世界が直面する問題だから早急に手を打たないといけない。

多くの人が考えますが、ハンスは様々なケースを想定してシナリオを示し恐怖を煽ることに反対しています。

要点②ハンスが危機を持つ5つの「グローバルリスク」

世界が直面しているグローバルリスクに5つを挙げています。

ハンスは2017年に亡くなりましたが、今の世界状況を見事当てています。

①感染症の世界的な流行

②金融危機

③第三次世界大戦

④地球温暖化

➄極度の貧困

ハンスは2017年に亡くなりましたが、今の世界状況を見事当てています。

特に極度の貧困については、現実に直面している問題ですよね。

この問題について、ハンスの答えは明瞭です。

平和、学校教育、保健医療、電気、清潔な水、トイレ、避妊具、市場経済に参加に必要なマイクロクレジットを届けることが必要だと説明しています。

要点③ファクトフルネスの実践

最後にハンスはファクトフルネスを実践する事が大事だとしています。

ハンスは本の中で10のルールを提示していますが、すべてに共通しているのは「客観的に世界を見ようという事」です。

ファクトフルネスの大まかなルール

分断本能⇒大半の人の位置を知る

ネガティブ本能⇒悪いニュースは伝播しやすい

直線本能⇒単純な直線データを信じない。グラフの動きに注意する。

恐怖本能⇒本当のリスクについてデータ(危険度×頻度)で計算

過大視本能⇒バイアスで見ずに数字を比較

パターン化本能⇒決めつけの分類を疑う。

宿命本能⇒ゆっくりでも、少しの変化でも常に物事は変わっていることを知る。

単純化本能⇒1つの知識や切り口で世界を見ることはできない事を知る

犯人捜し本能⇒誰かを責めても問題は解決しない。

10焦り本能⇒データを冷静に分析し一歩を重ねる

ルールを実践して冷静に世界を見る事が大切ですよね。

管理人NORI

いかがでしたでしょうか。

今日は、FACT FULNESSについて紹介しました。

この記事を読んで興味を持ってくれた方、購入したいという方は以下からも購入できます。

本を読んでみたいという方はぜひ!

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

新品価格
¥1,782から
(2020/6/6 22:59時点)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です