見えないプラスチックが地球を汚す!プラスチック問題を世界で1番分かりやすく解説します!

プラスチックがいま大きな環境問題

 

Left Caption

管理人NORI

どうも管理人のNORIです!

 

このブログを立ち上げようとしたキッカケの一つに、環境について皆で一緒に考えていきたいと思ったからです。

 

今回は、生活に欠かすことのできないプラスチックについて取り上げます。

 

誰でもわかりやすいようにプラスチックについて何が問題かをお伝えします。

プラスチックは必需品

私たちが何気なく普段使っているものに、「プラスチック」があります。

 

例えば、あなたが朝起きたときに歯を磨くとします。

 

歯ブラシはもちろん、コップ、フロス、ヘアブラシ。

それは全部「プラスチック」でできています。

 

生活のありとあらゆるところにプラスチックはありますね。

 

プラスチックは日本だけでなく世界各地で使用されています。

理由は、原材料が安くなんにでも加工しやすいためにプラスチックは便利で世界に普及しました。

プラスチックは自然に分解されない。

加工がしやすくどんな商品にでも使われるプラスチック

もし、プラスチックがゴミとして自然に捨てられたらどうなりますか?

 

年月が経てばプラスチックは劣化します。

しかし、プラスチックは自然では決して分解されません。

 

このことが今世界で大問題になっています。

海を漂うプラスチック

プラスチックとは、熱を加えて自由な形状に加工できる合成樹脂です。

もちろん、プラスチックは1つの種類ではなく様々な種類があります。

  • ポリエチレン
  • ポリプロピレン
  • ポリスチレン
  • ポリ塩化ビニル
  • ペット

などです。

このうち上2つの、「ポリエチレン」と「ポリプロピレン」は水によく浮きます。

このプラスチックは、よく「ポリ袋」「ビニール袋」と言われています。

 

このビニール袋は海に浮かぶとまるでクラゲのようにゆらゆら浮きます。

そのためビニール袋をクジラやウミガメが誤食してしまいます。

引用:HACHI8

 

窒息死したり、胃で分解されないために餌を食べなくなり餓死などしてしまうのです。

 

私たちが作ったプラスチックが動物を間接的に殺してしまっているのです。

けど人間に害はない

そう思われている人もいるかもしれません。

 

しかし、もし巡り巡って人間がプラスチックを食べているとしたら、どうでしょうか

マイクロプラスチック

プラスチックは、自然には決して分解されないということは先ほどお伝えました。

 

そして、私たちが捨てたビニール袋が川から海へ流れ太陽や波によってボロボロになりとても小さくなります。

この小さくなった5mm以下の小さなプラスチックをマイクロプラスチックといいます。

 

また、マイクロプラスチックは、一部の歯磨き粉や研磨剤にも含まれてます。

そこからもマイクロプラスチックは海洋に流れてきます。

 

海に流れたマイクロプラスチックは、魚類や貝類、甲殻類、動物プランクトンまでが誤食してしまいます。

 

そして、プラスチックには有害物質が多く含まれています。

その魚を私たちは食べているのです。

ある研究によれば人間の糞便からもプラスチックが発見されたとの報告があります。

 

世界ではプラスチック禁止の流れ

今世界ではこの問題が国際的にも問題となっています。

アメリカやEU、カナダでは、マイクロビーズが入った化粧品の販売が禁止されました。

 

日本でも大手コーヒーチェンがお客さんに提供する廃ストローを禁止する流れやコンビニでビニール袋を提供するのを禁止する流れになっています。

では、1人1人はどうすればいいでしょうか。

1人1人にできること

1人1人ができることから始めるのが重要だと思います。

 

例えば、

  • レジ袋を使わないようにエコバックを常に持ち歩く
  • この問題に関心を寄せSNS等でシェアをする。
  • ゴミが落ちれば拾う。
  • 環境にやさしい商品を購入する。
  • 政治家や市民団体、行政に声を届ける。

 

これはすぐに誰でもが始めれることです。

 

そして、もしできるのであれば誰かと一緒にゴミを拾うように呼びかけ行動する。

可能な範囲でプラスチック商品を使わないように伝える。

会社や学校、地域、ママ友知っている人に話をする。

 

これだけで私は変わっていくと信じています。

プラスチックがないと生活できない

ここまで読んでいただいてプラスチックが今大きな問題になっていることがわかっていただけたかと思います。

一方で今のプラスチックがあるからこそ、私たちは便利で快適な生活をできるようになりました。

 

自動販売機にたくさんあるペットボトルのジュース。

軽くて頑丈なこわれないおもちゃ。

ありとあらゆる場所でプラスチックが使われている中、いきなりプラスチックを無くせば生活に混乱を招き、暮らしが成り立たなくなります。

 

プラスチックが暮らしになくて不可欠なことを分かったうえで私は徐々にプラスチックを使う量を減らし一人ひとりが関心を持って行動をしていくことが重要だと思います。

まとめ

わたしたちの暮らしになくてはならないプラスチック。

今プラスチックが環境を破壊する大きな問題になっています。

 

一人ひとりが関心を持ち行動すれば問題は必ず変わります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

もし、この記事を誰かに伝えたい一緒に考えたいと思った方はシェアをよろしくお願いします。

Left Caption

管理人NORI

人生は、冒険だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です