忍び寄る影!あの恐怖の動物が、東北地方にまで猛進している!

Left Caption

管理人NORI

どうも管理人のNORIです

皆さんの住んでいる地域の周りでもいわゆる「害獣」による被害が後を絶たないと思います。

二ホンジカやサル、タヌキなんかもそうですよね。

そして今ある動物が日本を北上しているのをご存知ですか?

農林水産省によるとイノシシは昭和53年度から平成26年度までの36年間で生息分布が約1,7倍に拡大し近年、それまでの空白地帯であった東北地方にまで分布を広げようとしています。

ご存知のように西日本ではイノシシの被害が後を絶たず、農作物被害、生活環境での被害が大きく地域を悩ます問題となっています。例年イノシシが人間にけがを負わせたという事件などもメディアで報道されますよね。

従来、イノシシは積雪の多い地域では生息できないと考えられていました。

さらに、現在日本でも猛威を振るっている豚コレラが明治期に流行したことなどにより北東北地域は絶滅したと思われていたんです。

しかし、近年雪の少雪化により北東北の秋田県にも目撃情報が急増しています。

イノシシが増える事の問題点

このままイノシシが生息分布を拡大していった場合、どういう問題が起こるでしょうか?

簡単にまとめました。

農作物被害拡大のために農家の所得減少→農作地の放棄によるイノシシの楽園化→地域の更なる衰退

地域衰退に拍車が掛かるばかりでなく、農業の衰退、生息分布の拡大による人間の生活環境の被害増加など問題が多く起きてしまいます。現にイノシシが人間の生活環境に出没してケガなど被害が多く発生しています。北上をしているイノシシに対してもなぜ対策が必要なのかわかっていただけたかと思います。

私の住む北海道でもエゾシカによる農作物の被害が後を絶ちません。

牧草地や農作物の食害だけでなく、列車や自動車との衝突など問題が多く発生しています。

害獣による被害は日本で共通の課題となっているのです。

イノシシが増加する背景

イノシシや鹿などの害獣が増加しているのにはある大きな理由があります。

かつて日本全土で食物連鎖の頂点に立っていたオオカミがいました。しかし、オオカミは人間や家畜などを襲う事から人間の手により駆除をした結果日本列島から絶滅をしてしまいました。

そのため、生態系の自己調整機能が崩れ、天敵がいなくなったイノシシや鹿にとって天国となり爆発的に増加していくことになったのです。

一部の人の意見では、オオカミを自然に再び戻そうと主張をする人もいます。

しかし、生態系の影響や人間の被害の増加などが懸念されていて導入にはいたっていません。

駆除を担う”ハンター”

オオカミがいなくなり増加をしたイノシシや鹿を管理してきたのが、ハンターです。

高齢化により後継者不足が表面化するなどされてる中、様々なプロモーションなどが行われハンターの確保が行われています。

各地域での取り組み

また、イノシシ被害に苦しむ各地域では様々な取り組みが進められています。

例えば石川県の羽咋市では「のとしし」としてブランド化が進められ飲食店のメニューや加工品として提供されていて今では地域の特産品に成長。

また、島根県の美郷町では地域一丸となってイノシシ対策に取り組んでいる町として知られています。

これ以上イノシシを増やさないために

これ以上、イノシシを増やさないためにはどうすればいいでしょうか?

まず、私たちができることはハンターの仕事を理解して地域を応援することです。

ハンター人たちは私たちに代わって動物たちの命を奪う仕事をしています。

様々な偏見などを持たず、ハンターの仕事を理解することが命の大切さを意識する事にもつながります。

そして、各地域で取られた猪肉を消費するための積極的に商品を購入する。

こうする事により安定需要につながり地域の振興に繋がり問題の解決に繋がっていきます。

まとめ

・農林水産省の発表によるとイノシシの生息分布は36年で1.7倍に増加。空白地帯だった秋田県にも生息。

・対策をしないとさらに悪循環に落ちり地域が衰退してしまう。北海道でもエゾシカによる農作物被害や生活環境の被害が後を絶たない。

・イノシシが増加した背景にはオオカミが絶滅した事が関係している。現在その役割を担うのがハンター。

・私たちができることは、ハンターの仕事を理解して応援する。猪肉を消費するために商品を購入するなどを行うことで地域の振興につながる。

Left Caption

管理人NORI

いかがでしたでしょうか

北海道で様々なエゾシカの被害に関心を持っていたのでイノシシの北上は身近に感じました。

人に害を及ぼすとされる害獣ですが、今回の記事で私たち自らが生態系を壊してしまったことが被害に繋がっているという事がわかったと思います。

関心をもっていたいですよね。

ブログをお読みいただきありがとうございました。

記事ボタンからシェアをお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です