【地方崩壊】深刻化する空き家問題 空き家問題を解決する方法とは?

Left Caption

管理人NORI

どうも管理人のNORIです

今回の記事では、全国で問題となっている空き家問題について取り上げたいと思います。

今後、人口減少がさらに進み全国のどの街でも空き家問題が多発します。

その問題を解決する方法を探ってみました。

空き家問題は何が問題?

日本では人口減少局面に入り全国で空き家率が上昇しています。

 

平成25年(2013年)の時点で空き家率は13.5%となっています。

 

この空き家率は、諸外国に比べて高く今後さらなる上昇が予想されています。

空き家が増えることによってどの様な問題が起きるか説明します。

犯罪リスクが増える。

空き家が増えることにより、都市景観が悪くなり不法占拠や放火、盗難などの問題が起きることが上げられます。

例えば、日本でもバブル時代に建てられた施設がその後使われなくなり、廃墟になっているという地域は多いと思います。

空き家はいわゆる「割れ窓理論」により、小さな犯罪から凶悪な犯罪へと繋がるという懸念があります。

②災害リスク

耐久性が著しく劣化した空き家は日常から倒壊などのリスクが生じています。

この空き家が近年、多発する自然災害発生時にどうなるでしょうか。

すでにお分かりだと思いますが、周辺に大きな影響を与えます。

③物件、周辺エリアの資産価値低下

もし、あなたが家を購入するときに空き家ばかりが目立つ地域だとしたら家を買いますか?

おそらくあまり買う気は起きないでしょう。

このように空き家により、購入マインドが低下して周辺エリアの価値が低下してしまいます。

また、物件自体も資産価値が著しく下がり不動産会社が売ることに積極的ではなくなるという問題があります。

 

以上、空き家の問題点を分かっていただけたかと思います。

そして、最大の理由は空き家の際に有効な土地利用ができないというのが大きな問題になのです。

地域を蝕む空き家

皆さんの住んでいる地域でも、かつて商店街でにぎわった地域がシャッターが閉められたシャッター通りとなっている通りが多いと思います。

こういった古くから商店街で営業しているようなお店は、1階部分が店舗、2階部分が住宅という構造になっています。

そのため、まだ人が住んでいるという理由でシャッター街のお店を壊すことなどできなくなり地域の活気を消しているのです。

また、故郷の実家が空き家だけど人に貸せない、住めない、売れないという問題で空き家は所有しているけど有効活用ができていないという人も多いのが日本の問題として挙げられます。

新築偏重の日本の問題

地方に住んでいる人はわかっていただけると思いますが、日本では多くの新築需要があります。

必死に働いてマイホームを建てる一生の夢であり憧れのライフスタイルとして認知されています。

また、それを後押しするような様々な優遇策がとられ比較的容易に住宅が購入できる条件が整っています。

そのため、中心街地がシャッター街なのに郊外にはモデルハウス住宅が立ち並ぶという事態が起こり、住宅の使い捨てという言うべき供給過剰が起きているのが現状なのです。

不動産市場では、中古住宅があまり出回らない事も要因の1つでしょう。

行政も対策をしているが・・・

全国から空き家が探せる「空き家・空き地バンク」や様々な空き家バンク利用補助制度があり、「空き家等の対策推進に関する特別措置法」などを利用して行政が強制的に空き家を取り壊しすることができるようになった。

しかし、人口減少問題、住宅業者やデベロッパー、住宅を新築したいという希望者がいるなど複合的な要素が強くこの空き家問題はなかなか解消に向かっていません。

1つの解決策 リフォーム、リノベーション

そうした問題の中で、近年各地域で空き家などのリノベーション利用が進んでいます。

 

自身が住める家にそして、空き家を再利用して商業施設に利用すると考える人が増えています

私の地元、北海道の例を挙げれば沼田町が空き家のリノベーションに積極的です。

沼田町は典型的な北海道の小さな自治体ですが、2階建てや平屋など若者が住みたくなるような住宅を町がリフォームをして提案しています。

 

コンパクトタウン構想を進め、徐々にですが移住者を呼び込むことに成功しています。

問題を解決するために

空き家の問題は、複合的な問題でありなかなか1人1人では解決が難しい問題であります。

自分の一生の夢の買い物、その際に中古住宅ではなく憧れの新築を買うというマインドは十分に理解できます。

ただし、その買い物が自分の子供、また今後の社会にどう責任を取れるのか?という視点も重要な気がします。

 

今、クラウドファンディングでは様々なプロジェクトがあり彼らの思いに答えることができます。

 

また空き家を使い、新しい賑わいを生み出すチャンスが増えたり様々な選択肢が増えています。

そして、私は先人のライフスタイルにヒントがあると思います。

例えば、岐阜県の白川郷では合掌造り茅葺き屋根何十年も使いそして交換をして住宅を使い続けます。

 

相互扶助の結の文化の賜物ではありますが、家を大事に使い続けるというのはとても大事なことです。

この精神を見習い日本でも古き良き建築物を守り活用をしていきたいですね。

まとめ

空き家問題には様々な問題点がある。 

犯罪リスク、災害リスク、資産価値の低下そして地域を蝕む要因となっている。

行政でも対策が進められているがなかんか問題の解決には至っていない。

古き良き建築を大事に使うという考えを徹底して空き家問題を考えていく必要がある。

Left Caption

管理人NORI

いかがでしたでしょうか?

空き家問題は私たち一人一人が考えていかないといけないですね。

 

ブログを読んで頂きありがとうございます。

ブログのシェアをよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です