【知らなかった!】実は世界で大麻合法化が進んでいる!日本の選択はどっち?

Left Caption

管理人NORI

どうも管理人のNORIです

大麻は日本では大麻取締法という法律で禁止されています。

そんな大麻ですが実は世界では合法化が進んでいることをご存知ですか?

大麻の所持・使用は世界では長らく違法とされてきました。

しかし、2013年にウルグアイが世界で初めて全国規模で大麻を合法化。

 

さらに、昨年2018年10月には先進国として初めてカナダが医療用大麻だけでなく娯楽用の大麻を合法化しました。

そして、お隣の韓国では同じく2018年に医療用の大麻が合法化されました。

 

日本では大麻といえば薬物=悪というイメージ。

 

なぜここ最近世界では大麻の合法化が相次いでいるのでしょうか?

そもそも大麻とは何?

合法化を考える上で大麻について詳しく知る必要があります。

 

大麻とは、マリファナや草とも呼ばれていて植物である麻の花冠、葉を乾燥または樹脂化や液体化させたものをいいます。

 

大麻の主な化学成分はテトラヒドロカンナビノール(THC)が主成分で精神興奮作用があります。

 

つまり、大麻を吸引することにより大脳に影響を与え精神を「ハイ」にするのはこのTHCで幸福感や幻覚、至福などを引き起こし精神に作用します。

 

また、大麻にはカンナビノイド(CBD)という成分が含まれており、血糖低下や抗炎症、抗菌、抗不安、がん細胞の増殖抑制などの作用があるとされています。

 

この薬効成分になるCBDが研究に明かになるにつれて医療用の大麻が合法化される国が相次ぎました。

 

例えば、カナダでは娯楽用の大麻が合法化されました。

カナダが娯楽用大麻を合法化した理由

カナダでは長らく非合法的に大麻が使用されてきた歴史があります。

今回カナダが大麻を合法化した理由は犯罪組織の資金源になっていた大麻を生産や流通、消費を管理することによりコントールしようという目論見があります。

また、大麻合法化によりタバコやアルコールなどと同じく税収増大を見込んでいます。

日本では娯楽用大麻は厳禁だが・・・

日本では現在大麻は禁止されています。

 

しかし、歴史を紐解けば日本でも大麻取締法が制定される1948年までは大麻は日常的に繊維や医薬品などに利用されていました。

 

現在日本でも医療用大麻の今後日本でも合法化を検討する動きがでています。

管理人はこう考える。

私の意見は、大麻の使用は医療用も娯楽用の合法化は慎重であるべきだと考えます。

 

しかし、世界的な潮流は日本にも押し寄せるのはもはや避けられません。

医療用大麻=悪というイメージは持たず研究としては積極的に進めるべきではと考えています。

 

ただし、そのためには「所持」という壁をどうするかという問題があります。

医療用大麻合法化を目指す人には、自殺や精神疾患などが多い日本では必要だという意見もあります。

まずは知ることから始めていきたいですね。

注 日本では大麻の使用・所持は禁止されています。

国外での行為も大麻取締法に抵触します。

この記事は「大麻の使用・所持を推進する」ものではありません。

この記事から現在の大麻を巡る世界の動きについて考えていただければと思います。

まとめ

大麻は日本では薬物として禁止されている。

大麻には薬効となるカンナビノイドと呼ばれる成分がある。

その成分に注目が集まり医療用大麻を合法化する国が相次ぐ。

一方先進国ではカナダが2018年に娯楽用大麻を解禁

日本ではかつて大麻を様々な用途して利用してきた歴史があり医療用大麻合法化を目指す動きがある。

Left Caption

管理人NORI

いかがでしたでしょうか

医療用大麻の合法化については単にレッテルを貼らず、関心を持って考えていきたいですよね。

考えることはダメ、絶対ではありません。

 

ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。

よろしければフォロー、共有をよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です