中国在住だからわかる。リアルな中国のネット事情をすべて語る!

[word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false” box_center=”false”]大家好、管理人のNORIです[/word_balloon]

今日は中国のネット事情について語りたいと思います。

ブログを読んでいただいている方から質問を頂きまして、その中で「中国ではFacebockTwitterは使えるんですか?」

「中国のSNS事情を知りたい!」という質問があったので、今日はそこら辺をお伝えしたいと思います。

これから新生活で中国に住む方や旅行で来る方参考にしていただければと思います!

中国特有のネット事情に詳しい方はご存知の方もいると思いますが、中国では共産党による方針で国外のネットサービスに接続することができません。

通称「金の盾」とよばれるグレートファイヤーウォールでネット接続を遮断されてしまいます。

そのため、中国国内において日本で使われている主要なネットサービスはほとんど使えません。

日本で当たり前に使うFacebook、Twitter、instagram、LINE、カカオトーク、Google、You Tube、Yahooメール等が政府の方針により使うことができません。

そのため、海外に滞在する人や中国に旅行に来る人はレンタルWI-FIやVPNサービスを利用しないと家族や友人の方と連絡を取り合うことができません。

私も中国に来る前は、このことが不安でどうしようもなかったです(笑)

今の時代、ネットサービスを使えないと情報を収集できないばかりか連絡さえ容易にできないですからね。

なので、私はVPNサービスを利用してブログを更新しています。

VPNサービスとは?

簡単に言えば、ネットワークを遮断しているものを通過するトンネルです。

このサービスを利用して、現地のSIMカードやフリーWi-Fiを使えばネットは普通に使えます。

海外旅行で旅慣れている方ならわかると思いますが、中国以外にもロシアやベトナムでもネットサービスで政府による規制がある国は結構あります。

なので、中国以外に旅行に行く方も上記の国に行くのであれば検討してください。

中国では独自の「中華製ネットサービス」が発達。

先に伝えましたが、中国では日本では主流となっているネットサービスが通常では使えません。

想像してみてください。もし、今スマホからあなたが日常的に使っているSNSサービスやグーグルが使えないとしたら、多分今の生活が成り立たないんじゃないでしょうか?(笑)

それだけ、私たちの今の生活はネットに多く依存しています。

中国でも状況は一緒かそれ以上にネットが進んでいます。

中国では、海外のネットワークサービスを規制した事により独自のサービスが発達しました。

海外のネットサービスなんていらない!中国の凄いネットサービス

中国が海外(主にアメリカ)のネットサービスを規制したことにより自国のネットサービスが急速に拡大、巨大化しました。

仮に万が一にでも政府が規制を解除して海外のサービスを使うか?と聞かれればおそらく多くの人は使わないと思います。それだけ、中国のネットサービスで事が足りているのです。

実際に私が使用しているものの例を挙げると、

検索サービス ・・・百度、搜购

電子マネー系 ・・・支付宝、微信支付

動画視聴   ・・・bilibili、优酷、腾讯视频

写真共有   ・・・美拍

SNS系    ・・・QQ、微博、微信

ネット通販  ・・・淘宝、京东

口コミサイト ・・・大众点评

マップサービス・・・高德地图

音楽配信系  ・・・网易云音乐

もはや書ききれないほど多くのサービスがあります。配達サービスや自転車シェアなどシェアサービスも充実しています。

そのため、日本であるようなサービスと同等かそれ以上のものがあるので不便は全く感じないです。

言い換えれば、これだけのサービスが自国で発達したのは中国が飛躍的に経済成長を遂げたエンジンになったと思います。

中国の人は海外ネットサービスを使わないの?

これだけの、サービスが中国にあれば海外のネットサービスを使っている人はいないのでは?と思われるかもしれませんが結構中国でも海外に興味がある人や留学生、海外に旅行に行く人は普通に使っています。

なので、中国でもFacebockを使っている人が多くいたり、大陸以外の台湾や香港は規制がないので多くの人がGoogleやTwitterを使っています。

中国のサービスを使いつつ海外のネットサービスを使えるのはある意味では最強かもしれません。

”落とし穴”も当然ある。

これだけ、様々なネットサービスがある中国で管理人も気を付けている落とし穴があります。

①SNSサービスの政治的発言は注意

中国でもLINEやTwitterのように微信や微博があり、多くの人が日常的に生活の瞬間を共有しています。

しかし、その共有している写真やつぶやきは中国に数万単位でいるといわれているインターネットポリスが検閲しているといわれています。

もちろん、日本や海外でも不適切な投稿はプライバシーポリシーや法令違反で禁止されていますが、中国で敏感なのは政治系の話題です。

もともと日本やアメリカと違う政治体制の国なのでSNSサービスを使っての政治の話題はやめた方がいいです。

②身分証番号や電話認証があり少し面倒

中国ではネットサービスを使うのに、中国国民に発行されている身分証の番号を入力しないといけなかったり、デポジットが必要であったり、電話認証がかなりの頻度で必要であったりと少し面倒に感じるときもあります。

外国人でもパスポート番号の登録が必要であったり、また外国人は身分証がないため使えないサービスがあったりと不便なところもあります。

おそらくネットサービスに国民の個人情報の紐づけや一体化が条件になっていると思います。

なので外国人に使えないサービスが一部出ているのでは思います。

私の経験談ですが、日本に帰った際にキャッシュレスの方が便利なので、コンビニの買い物で微信支付を支払いしようとしたときに中国の銀行カードを紐づけしている口座が使用できませんでした。

おそらくこれも関係しているのかなと思います。

まとめ

中国ではほぼ海外のネットサービスが政府の方針により使用できない。

海外のネットサービスが必要な場合は対策が必要。

海外サービスを規制したことで独自のネットサービスが発達。

中国国内でも海外サービス利用者はいる。

中国のネットサービスを使う場合の落とし穴もある。

[word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false” box_center=”false”]いかがでしたでしょうか?[/word_balloon]

中国国内に住む外国人ならではのリアルな情報をお届けできたと思います。

中国に来る際の参考にしていただければと思います。また、今回の情報はインバンドの中国人旅行客の集客を図られている方にも参考になったのではないかと思います。

YoutubeやTwitter、instagramよりも中華系サービスで情報を発信したほうが集客効果は桁違いだと思います。

日本の多くの店が来日した人の大众点评」で評価され、高評価の店が好まれる傾向にありますので飲食店をやっている方はこちらは要チェックだと思います。

また、中国のネットサービスについてはブログでも触れていきたいと思いますのでお楽しみに!

ブログを最後まで読んでいただきありがとうございます。

Twitter、Facebockでのフォローやリツイートをよろしくお願いいたします。

[word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false” box_center=”false”]人生は冒険だ。[/word_balloon]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です